青色申告会のメリットとは?確定申告と入会金の口コミ

クラウド型会計ソフトを無料で試せる!

クラウド型会計ソフトを今すぐ無料で試せます。
確定申告・経費精算・給与計算も自動化の時代!今一番人気のある【クラウド型会計ソフト】

青色申告会,メリット,入会金,口コミ,個人事業主,確定申告,青色申告初心者でもかんたん操作!ラクすぎるクラウド型会計ソフト
【※このサイトは2018年12月06日に更新されました】

青色申告会のメリットとは?確定申告と入会金の口コミ

青色申告会のメリットとは?確定申告と入会金の口コミ

 

青色申告会に入会するメリットとは?青色申告会で確定申告はやってもらえるのでしょうか?入会金はどのぐらいなのでしょうか?青色申告会に関する口コミを調べてみると、その実態がいろいろわかってきました。

 

 

 

個人事業主として、起業したばかりのときは、誰だって本業のことで頭がいっぱいになりますよね。経理などの会計業務に関しては、考えるのも面倒くさいですし、いつかやろうと思いながらも、ついつい後回しにしがちではありませんか?

 

確定申告の時期

 

確定申告の時期が迫ってきて、ようやく「そろそろやらなきゃ、シャレにならんな・・・(汗)」と焦ったときに、何から始めてよいのやらさっぱりわからん・・・となりがち。そんなときに誰か経験者や確定申告に詳しい人などへ相談できれば心強いと思いませんか?そんな個人事業主のために、青色申告会という組織があります。

 

 

 

確定申告のことや会計業務のことなどは、税務署や税理士に聞けば教えてくれますが、そもそも何を聞いたらよいのかわからない・・・でも細かく対応してもらいたい!そんな個人事業主の方は必見です!

 

青色申告会とは?

 

青色申告会とは?

 

青色申告会とは、青色申告を行っている個人事業主や小規模事業者で構成される納税者団体のことで、一般社団法人です。正しい青色申告、納税の進行を目的として活動しています。会員になると記帳・決算・申告の指導、税金の相談など、税務のサポートを受けることができます。

 

 

 

1950年の青色申告制度開始とともに、全国で続々と結成され、全国各地に3,000会以上、100万人を超える会員がいます。青色申告会は全国青色申告会総連合会、都道府県の青色申告会連合会、市区町村の青色申告連合会の3つに大別されます。

 

青色申告会

 

基本的に「青色申告会」というのは、全国規模組織ですが、税務署単位で独立しています。場所によっては、商工会などの中に、青色申告会があります。税務署から青色申告会の入会をすすめてくる場合がありますが、入会は任意であって義務ではありません。また、運営スタッフは会員から選出されたボランティアの役員です。

 

 

 

青色申告会では、基本的に青色申告をする人を対象にしていますが、あなたが今は白色申告だったり、起業したばかりでも、青色申告の予定があれば入会できます。所在地は住んでいる地域によって異なるので、所在地がどこにあるのか調べてみるとよいでしょう。

 

青色申告会のメリットとは?

 

青色申告会のメリットとは?

 

青色申告会に入会する最大のメリットは、無料で基礎から記帳・決算・申告の指導をしてくれることです。帳簿等の書き方から確定申告の仕方まで、マンツーマンで教わることができます。簿記の本を読んだだけでは、わかりにくかったり、実務で使える知識が欲しい方も、記帳指導をしてもらえます。

 

 

 

青色申告で分からないことや不安なことがあれば、税理士などによる無料の税務相談も受けることができます。確定申告は間違った知識で申告すると、追徴課税で余計に税金を支払わなければならなくなる場合もあるので、相談して正しい知識を得ることができるのは、大きなメリットですね。

 

税理士

 

実際に青色申告会の職員だった人の話では、税務署への相談電話以上のサービスとして、青色申告会の入会金以上にメリットがあるとしたら、実際に事業を営んでいる個人事業主も所属しているので、他業種、同業種の個人事業主から、リアルなアドバイスや経験談を教えてもらえるチャンスがあるとのこと。

 

 

 

さらに、節税対策や税法の最新情報を教えてもらえますし、税務署で話せない企業内のささいな相談にも乗ってくれます。確定申告期には、税務署ではなく、職員が申告書の指導、提出代行もやるそうです。

 

 

 

確定申告でのメリットは、青色申告の際に税務署で無く、申告会で相談、確認出来るので、税務署の審査、検査などのチェックが甘くなります(笑)税務署から根掘り葉掘り聞かれるコトや探られるコトも無いのです。また、青色申告会の会費と入会金は、確定申告時に必要経費に算入できます。

 

税務署のチェック

 

源泉徴収を行っている個人事業主は、年末調整が必要となりますが、青色申告会では年末調整説明会を開催しています。あなたが初めての源泉徴収であれば、年末調整説明会に参加して、正しい年末調整のやり方を学んでおくとよいです。

 

 

 

年末調整説明会は、基本的に参加費が無料です。個別指導もしてくれるので、参加して損はありません。また、家族経営の場合であれば、青色申告会員の家族が、代わりに税務相談に来ることも、何ら問題ないようです。

 

青色申告会は確定申告以外もサポートしてくれる

 

青色申告会は確定申告以外もサポートしてくれる

 

青色申告会には確定申告以外にも、サポートしてくれるものがあります。あまり知られていなかったりするので、もし青色申告会への入会を検討しているのならば、覚えておくとよいですよ!

 

健康診断

健康診断
青色申告会では集団健康診断として、青色ドッグという会員専用の健康診断を受けることができます。会社員には定期的にある健康診断ですが、個人事業主やフリーランスであれば、ついつい後回しになったり、忘れがち。でも健康診断は重要です。

 

保険

保険
青色共済という保険が有名です。月額10000円ほどで入れる、事故や入院で助け合いできる制度です。他にもがん保険や交通事故保険やPL保険などがあります。

 

融資制度あっせん

融資制度あっせん
個人事業主やフリーランスのあなたが、金融機関から融資を受けるというのは、ハードルが高かったり、スムーズにいかなかったりします。そんなときに青色申告会では、低金利で受けられる国や都道府県市区町村の融資制度を紹介してくれます。

 

割引

割引
青色申告会が加盟している宿泊施設やレジャー施設、娯楽施設などで会員割引を受けることができます。ディズニーランドやUSJ、野球場、ホリプロ制作の舞台公演など、色々な施設で優遇されます。

 

その他サポート

お得なサポート
そのほかにも、弁護士による無料法律相談、最新の税務情報などを記載した会員向け通信の発行、国内外への会員旅行、クレジットカードの会費割引、e-Taxの送信サポート、会計ソフトの使い方サポートなど、さまざまな特典があります。

 

青色申告会で確定申告はできるの?

 

青色申告会で確定申告はできるの?

 

確定申告書は、青色申告会に提出すれば、青色申告会から税務署にまとめて提出してもらえます。提出してくれるのは、青色申告会の税理士です。確定申告時期でも、あの混雑にわざわざ並んで税務署に行く必要はありません。

 

税務署へ確定申告

 

また、あなたが直接税務署へ確定申告に行く場合も、修正申告系もすべて青色申告会で受付、確認をした印を押してもらえます。青色申告会でチェックしてもらった申告書は、税務署の人もほぼノーチェックです。

 

青色申告会の入会金

 

青色申告会の入会金

 

青色申告会の入会金や年会費というのは、各市町村支部によって違いますが、月会費はだいたい1000円~2000円程度です。支払い方法も月ごとだったり、半年単位、年単位一括だったり、各市町村支部によって違います。また、あなたの事業所や住民票の所在地に関係なく、どこの支部でも入会できます。

 

青色申告会の口コミ

 

青色申告会の口コミ

 

青色申告会で青色申告をしていました。これまでは、確定申告書の内容にまったく修正するところがなかったので、そのまま青色申告会から確定申告書を税務署に提出してくれていました。青色申告会には年1回、確定申告書を持参するのみ。いつも数分で終わってしまいます。

 

確定申告は青色申告会に入会し、青色申告会から提出しないといけないと思っていました。しかしある日、青色申告会に入会していなくても良いことを知り、青色申告会を退会しました。

 

青色申告会を退会後は、自分で税務署へ出向き、確定申告書を提出していますが、問題が起きたことは一度もありません。起業当初は、何もかも初めてで不安でした。ですから、青色申告会の存在はありがたかったです。

 

以前、青色申告会に行った時、スタッフの態度がものすごく悪くてびっくりしています。去年はブルーリターンという会計ソフトで、確定申告をさせてもらえる講習会に通っていました。青色申告会に所属している会員のみが使える会計ソフトです。

 

本来は有料の会計ソフトなのですが、その講習会では、ブルーリターンで確定申告書を作成するところまで、無料体験させてもらえました。今年もブルーリターンで確定申告したかったので、思い切って青色申告会に入会し、ブルーリターンを購入しました。

 

ブルーリターンという会計ソフトが欲しかっただけなので、とりあえず入会は1年間だけでいいかなと考えています。ただ、知り合いが青色申告会に入会していて、青色申告会では、いろいろ相談できると聞いていました。

 

それならと思い、今年の確定申告も去年ブルーリターンで申告したデータを引き継いでやってもらおうと、入会以来、久しぶりに青色申告会へ訪ねたのですが、その対応の悪さには怒り心頭!去年の仕訳をみては、溜息と鼻で笑い、ものすごくやる気のない態度。馬鹿にしているのが目に見えて分かりました。

 

さらに、やり方を聞いても、全然教えてくれないんです!去年は月一回講習会に通っていました。そこで青色申告会のスタッフの方に教えてもらった通りにやっていたことを、今年は注意されました。わざわざお金を払って入会して、このような態度をとられるのはびっくりでした。今は退会しようかなと考えています。

 

青色申告会へ行った感想は、まあまあ・・・かなという感じです。私は現在白色申告なのですが、来年は青色申告でいこうと思っている旨を伝えたら、入会OKでした。私の地区の青色申告会の事務所は、会議室風なところでした。

 

入り口付近にパーテションがあり、テーブルが並べられていました。相談者と反対側にスタッフが座っており、マンツーマンでという感じでした。私が行ったときには、2人しか対応してくれる方がいなかったので、待ち時間が長かったです。

 

いろいろ相談している間も電話がひっきりなしにかかってくるし、いろんな人が相談しに来るので、10分20分で終わるような内容が、1時間ぐらいかかりました。確定申告の時期は忙しいみたいで、必要最低限のことしか聞くことができませんでした。

 

相談は事前に予約もできるとのことなので、次回は予約をして行こうかなと思っています。

 

私のところでは、確定申告時期になると、税務署でプレハブ小屋みたいなものを建てて、そこで申告書の記入指導とかをしてくれます。そこでは白色申告のところは税理士、青色申告のところは、青色申告会のボランティアのおばちゃんたちが担当でした。

 

私は青色申告なので、当然そのおばちゃんたちが教えてくれると思っていました。私の順番がまわってきたので、さっそく書類を並べて質問をし始めたのですが、その青色申告会のおばちゃんの回答に驚きましたよ!

 

「おばちゃんねぇ~このデザイン業の申告書ってよくわからへんのやわぁ~」と・・・さらに「よぉわからんけど、目立っておかしなところもなさそうやから、テキトーでええんとちゃう?」とお話になりませんでした(泣)結局自分で調べて、税務署に何度も確認するハメになりました。

 

青色申告会の会計ソフト【ブルーリターンA】

 

青色申告会の会計ソフト【ブルーリターンA】

 

青色申告会に入会すると、【ブルーリターンA】という会計ソフトをすすめられます。青色申告会では会計ソフトの講習会を行っているので、会計ソフト【ブルーリターンA】で記帳したい方は参加してみてはいかがでしょう。

 

 

 

【ブルーリターンA】は有料ソフトで、Windows用の会計ソフトです。Macでは使えません。青色申告会の約10万人の会員が使っています。基本的な会計帳簿の機能はもちろん、青色申告決算書・所得税確定申告書・消費税確定申告書の作成に対応しています。

 

会計ソフト【ブルーリターンA】

 

エクセルや手書きで、記帳したり、確定申告書類を作成するよりも楽です。会計ソフト「ブルーリターンA」は、全国青色申告会総連合会の企画による会計ソフトで、個人事業主に必要な機能のみで構成されています。購入時の初期費用は29,160円(税込)、3年後に9,720円(税込)を支払えばバージョンアップに対応してくれます。

 

青色申告会に入会しても確定申告は自己責任

 

青色申告会に入会しても確定申告は自己責任

 

青色申告会に入会しても、確定申告の内容を青色申告会が保証してくれるわけではありません。あくまでも、確定申告のお手伝いというスタンス。確定申告の内容などに間違えがあっても、基本的には自己責任。手違いがあったりして、控除額が60万円から10万円になってしまい、所得税が数万円増えてしまったという事例もあります。

 

 

 

税務署単位で独立しているので、地域によってサポートにバラつきがあるようですね。ですが、節税のことや、青色申告に不安があるけれど、税理士を雇うお金はない!だけど、なんとか自力で青色申告をしたい!という個人事業主やフリーランスのあなたなら、青色申告会への入会を検討してみてもいいかもしれません。

 

 

 

会計ソフトもどんどん進化して使いやすくなっている時代です。税理士に頼らずとも、あなた一人で確定申告書を自動で作成できるようになっています。それでも、初年度などは誰かに見てほしい!という場合は、青色申告会。本格的な節税対策が必要なぐらい利益がある場合は、税理士に依頼するとよいでしょうね。

 

個人事業主

 

個人事業主やフリーランスのあなたは、クラウド型の会計ソフトを使いながら、青色申告会を利用してみてはいかがでしょう?クラウド型会計ソフトであれば、日々の記帳業務や確定申告まで自動化♪時間の節約にもなります。

 

 

 

クラウド型会計ソフトであれば、初期費用は無料ですし、月額コストも千円かかりません。青色申告会の会費と合わせても月額2000円~3000円以内で可能です。クラウド型会計ソフトで作成した確定申告書を青色申告会でチェックしてもらえば、時間と手間を省いた節税対策と確定申告が実現しますよ☆

 

クラウド型会計ソフトを無料で試せる!

クラウド型会計ソフトを今すぐ無料で試せます。
確定申告・経費精算・給与計算も自動化の時代!今一番人気のある【クラウド型会計ソフト】

青色申告会,メリット,入会金,口コミ,個人事業主,確定申告,青色申告初心者でもかんたん操作!ラクすぎるクラウド型会計ソフト
トップへ戻る