記帳業務の方法と確定申告

クラウド型会計ソフトを無料で試せる!

クラウド型会計ソフトを今すぐ無料で試せます。
確定申告・経費精算・給与計算も自動化の時代!今一番人気のある【クラウド型会計ソフト】

記帳,業務,方法,確定申告初心者でもかんたん操作!ラクすぎるクラウド型会計ソフト
【※このサイトは2018年12月06日に更新されました】

記帳業務とは?サルでもわかる記帳業務のやり方

記帳業務とは?サルでもわかる記帳業務のやり方

 

記帳業務と聞くと、なんだか難しいイメージがありますよね。でも記帳業務ってそこまで難しいものではないのです。あなたは家計簿をつけたことがありませんか?ここ最近では家計簿のアプリがたくさん世に出ていて、スマホなんかで簡単に家計簿がつけることができちゃいます。メチャ便利!簡単☆私も使ってます♪

 

 

 

そんなお手軽で女子に大人気な家計簿アプリですが、記帳業務とは仕事上の家計簿のようなものなんです。家計簿だと食品や遊びなどに使ったお金をレシートなどを見ながら、ノートなどにメモしていくわけです。それを仕事用にしたものといっても過言ではないのです。

 

仕事上で発生したお金の出入りを家計簿みたいにメモメモ

 

仕事上で発生したお金の出入りを家計簿みたいにメモメモするわけです。それが記帳業務というものの正体!意外とシンプルなんです。記帳業務の目的は家計簿でいうところの今月の赤字は黒字はどんな感じ?・・・てなところです。

 

 

 

今年は赤字だったのか?黒字だったのか?何にいくら払って、何の収入なのか?売上なのか?それを領収書とともに明確にして、証拠に残しておくことなんです。その記帳業務によって確定申告を行い、あなたの税金を決めていくことになるのです。

 

記帳業務のやり方で決まる青色申告と白色申告

 

記帳,業務,方法,確定申告

 

記帳業務については仕事上の家計簿みたいなものという風に覚えていただければOK!実はこの家計簿をつけることができる人なら、もう記帳業務をマスターしていることになるんですよ!そして、この記帳業務の水準が青色申告と白色申告との境界線だったんです。

 

 

 

今や白色申告も記帳義務化になっていますが、以前は青色申告と白色申告の大きな違いは、記帳義務があるかないかの差だったのです。以前の白色申告は仕事上の収支が算出できれば、ぶっちゃけどうでもよかったところもあるんです。

 

 

 

ようするに記帳しなくてもよかったんです。家計簿レベルでいうところのどこで何を買ったのか?いくら支払ったのか?おこづかいはいくらもらったの?そんなゴチャゴチャと内容はいいからさ、赤字か黒字か?どんだけ儲かったか教えてね!そういうレベルでした。

 

 

 

しかし、青色申告になるときっちり記帳義務が生じてきます。帳簿をしっかりつけないといけないのです。帳簿とは領収書をちゃんと保存して、仕事上の入出金をはっきりわかるように管理しておくものです。そして青色申告には簡易簿記と複式簿記という2つの形式があります。

 

簡易簿記と複式簿記という2つの形式

 

かんいぼき?ふくしきぼき?ワタシワカラナイ・・・となりそうなアナタ、大丈夫です!結構シンプルでして、この2つの形式のどちらかを選べるようになっています。【簡易簿記のほうは家計簿のような現金出納帳形】、もう一つの【複式簿記は簿記や会計の知識がないとわからないような帳簿】というような感じです。

 

 

 

ですから、家計簿程度の記帳業務でもまったく問題なく青色申告ができてしまうのです。ノートでもいいですし、PCを使ってエクセルのような表計算ソフトでも入出金表を作ってもOKですよ!そうそう!銀行の預金通帳も簡易簿記なんですよ!記帳業務には決められたフォーマットはありませんので、預金通帳の真似しちゃえば問題なしですね!

 

 

 

この記帳業務の義務が白色申告にはなく、簡単に確定申告ができていました。ところが平成26年分(平成27年3月16日申告期限分)から白色申告にも記帳業務の義務化がスタートしちゃったんです。

 

 

 

これまで白色申告は記帳業務がなかったもんで、楽だったから白色申告を選んでいた人も、結局記帳業務をするハメになってしまったのです。ですから、実質のところ白色申告と青色申告に違いはなくなったといえます。

 

記帳業務を知って得しちゃおう!簡易簿記と複式簿記の違い

 

記帳,業務,方法,確定申告

 

青色申告には簡易簿記と複式簿記と2つの形式があります。記帳業務をどちらの形式でするかで、大きく違うことがあるんですよ。それは控除額。控除額というのは、あなたが稼いだ収入である所得から差し引いてくれるお金のこと。

 

 

 

もう少し詳しく説明しますと、所得が大きければ大きいほど、税金でもっていかれるお金はたくさんになってしまいます。そこで「このままだと税金がたくさんになっちゃうから、特別に所得を少なかったことにしといてあげるよ」というものが控除額なんです。所得から控除額を引いてもらえれば、所得が少ないという判断をしてもらえますから、控除額が大きければ大きいほど税金が少なくてすむということなんです。

 

 

 

そこで、先ほどの簡易簿記と複式簿記の2つの形式があるということをお話しました。記帳業務を簡易簿記にするか?複式簿記にするか?で、この控除額が大きく変わってくるんですね。簡易簿記だと控除額が10万円、複式簿記だと控除額が65万円。その差はなんと55万円!これは大きい!だから税金をできるだけ安くしたいなら、複式簿記で65万円控除を受けたいところですよね?

 

 

 

ですが、この複式簿記というのがちょっと素人さんには難しい・・・というのは過去のお話。今ではとても便利な会計ソフトなどが提供されていたりします。しかも、無料で使えるようなものまでありますので、試してみる価値はあります。

 

便利な会計ソフト

 

この会計ソフトの業界は競争率がけっこう激しいので、有名でメジャーな会計ソフトなんかでも、1年間は利用料0円とかのお試しキャンペーンなどをやっています。ですから実質、確定申告が無料でできてしまうことになります。しかも画面の案内通りに入力していくだけの便利なものもあり、簿記や会計の知識がなくても複式簿記で記帳業務ができてしまうのです。

 

 

 

記帳業務は面倒くさいと思ってしまいますが、記帳業務は最終的に確定申告のときに必要になるものです。と同時にどんな用途で経費を使って、年間の入金がいくらで、あなたの利益がどれだけ残ったのかを知るためでもあります。利益がないとお仕事をしている意味もなくなってしまいますよね。記帳業務を通じて、あなたのお仕事の経営・運営状態を把握しておきましょう。

 

 

 

また、白色申告でも記帳業務は必要になりました。ところが白色申告には青色申告のように、10万円控除や65万円控除はありません。いわゆる税金上のメリットはまったくありません。しかも、記帳業務は青色申告の簡易簿記と同じことをするのです。同じことをやっているにもかかわらず、白色申告では控除がもらえず、青色申告では控除がもらえるのですから、もはや白色申告をするメリットは何もないといっても過言ではありませんね。

 

 

 

しかも青色申告には控除だけでなく、ほかにも色々な特典があります。記帳業務は面倒くさくて、時間をとられてしまうイメージがあるかもしれません。ですが、便利な会計ソフトが世の中には出回っていますので、こういうソフトを利用すれば10万円控除どころか65万円控除ももらえてしまいます。しかも自動で記帳業務をしてくれる会計ソフトもありますので、あなたが本業に専念したい!と考えているなら、こういった会計ソフトの導入も検討してみましょう。

領収書と経費のウソホント!?意外と知らない領収書と経費の常識

 

おすすめ!無料で使えるクラウド型確定申告ソフト

 

MFクラウド確定申告

 

MFクラウド確定申告のココがスゴイ

 

  • 個人事業主は、初期費用無料、基本機能無料!有料プランも業界最安水準
  • 確定申告書B、青色申告決算書など、確定申告の必要書類を自動作成!e-Taxにも対応
  • 面倒な作業はすべて自動化!顧客フォローや勉強など、本職でできることがグンと増える!
  • クラウド型だから面倒なインストールは不要!
  • MacでもWindowsでもタブレットでもOK!いつでもどこでも利用できる!
  • 会計業務が初めてでも安心して使える
  • 他社会計ソフトからの乗り換えも簡単!スムーズ
  • 電話・メール・チャット・訪問サポートなど、クラウド会計最多のサポート体制

 

MFクラウド確定申告を無料で試してみる

MFクラウド確定申告の詳細を確認する

 

記帳,業務,方法,確定申告

 

やよいの青色申告オンラインのココがスゴイ

 

  • 「弥生」はシェア53%”で最も使われているクラウド確定申告ソフト(2016年3月末)/MM総研
  • ダントツの価格メリット!初年度0円キャンペーンを実施中!
  • 簿記・会計の知識がなくても10万円/65万円控除の青色申告ができる!
  • 日付や金額など家計簿感覚で入力するだけで複式簿記に対応
  • 専用スマートフォンアプリで外出先や移動時間でも入力できる
  • 紙のレシートや領収書のスキャナ取込にも対応
  • ガイダンスに沿って入力するだけで確定申告書類作成&控除額を自動計算
  • 業界最大規模のサポート力
  • MacでもWindowsでも使える!
  • バージョンアップ不要!いつでも最新バージョンを使える!

 

記帳,業務,方法,確定申告

やよいの青色申告オンラインの詳細を確認する

 

記帳,業務,方法,確定申告

 

やよいの白色申告オンラインのココがスゴイ

 

  • 「弥生」はシェア53%”で最も使われているクラウド確定申告ソフト(2016年3月末)/MM総研
  • すべての機能が無料で使い倒せる!初年度0円キャンペーンを実施中!
  • 初めての確定申告でもあんしん!日々の取引を家計簿感覚で入力!
  • 白色申告に必要な項目だけのシンプルな機能で、迷わずに進めらる
  • 入力した取引データを「やよいの青色申告 オンライン」に取り込める!
  • 業界最大規模のサポート力
  • MacでもWindowsでも使える!
  • インストール不要!いつでも最新バージョンを使える!

 

やよいの白色申告オンラインを無料で試してみる

やよいの白色申告オンラインの詳細を確認する
おすすめ無料会計ソフト特集のページにもどる

クラウド型会計ソフトを無料で試せる!

クラウド型会計ソフトを今すぐ無料で試せます。
確定申告・経費精算・給与計算も自動化の時代!今一番人気のある【クラウド型会計ソフト】

記帳,業務,方法,確定申告初心者でもかんたん操作!ラクすぎるクラウド型会計ソフト
トップへ戻る