e-taxで確定申告!複式簿記で青色申告

クラウド型会計ソフトを無料で試せる!

クラウド型会計ソフトを今すぐ無料で試せます。
確定申告・経費精算・給与計算も自動化の時代!今一番人気のある【クラウド型会計ソフト】

e-tax,確定申告,インターネット,複式簿記,青色申告,特別控除初心者でもかんたん操作!ラクすぎるクラウド型会計ソフト
【※このサイトは2018年12月06日に更新されました】

e-taxで確定申告!インターネットで複式簿記も青色申告もカンタン!

e-taxで確定申告!インターネットで複式簿記も青色申告もカンタン!

 

e-taxで確定申告する方法とは?インターネットを利用した確定申告【e-tax】とは、国税庁が提供している【電子申告・納税システム】のことなんです。確定申告や源泉徴収税の納付を税務署に行かなくてもできてしまう便利なシステムです。

 

 

 

e-taxを使えば自宅にいながらインターネットを利用して確定申告や税金の納付ができてしまいます。このe-taxを使いこなせれば、毎年面倒だった確定申告や納税などの負担がなくなります。ところが、お役所にありがちな、手続きや準備がわかりにくかったり、めんどくさかったりします。

 

毎年面倒だった確定申告や納税

 

e-taxで確定申告するためには、最初の手続きやいろいろな事前準備が必要です。国税庁のホームページに案内が記載されているのですが・・・センセイナニヲイッテイルノカサッパリワカリマセン(-ω-)/と、挫折するのがオチです。さらに複式簿記で青色申告したいとなると、もうお手上げですね。

 

 

 

e-taxと複式簿記で青色申告をすれば、時間も手間も省けて税金も安くなります。最初のハードルさえクリアしてしまえば、とても便利で簡単なシステムですので、インターネットを利用して確定申告も複式簿記もパパッと済ませちゃいましょう!

 

e-taxとクラウド会計ソフトで簡単!複式簿記で青色申告ならインターネットを利用しよう!

 

e-taxとクラウド会計ソフトで簡単!複式簿記で青色申告ならインターネットを利用しよう!

 

複式簿記で青色申告をするなら、インターネットを利用した確定申告が便利で簡単です。特に青色申告特別控除65万円を受けたいなら、複式簿記で青色申告しなきゃなりません。この複式簿記のハードルが、一般人にはハードルが高いのです。ですから、まず複式簿記を簡単にする方法を見つけないといけません。

 

 

 

複式簿記とe-taxで青色申告特別控除65万円を簡単にするには、クラウド会計ソフトを利用してしまえばよいです。現時点では、クラウド会計ソフトを利用して、確定申告を行うのが一番手っ取り早く、お金も時間もかかりません。

 

 

 

クラウド会計ソフトのメリットは、まず複式簿記が素人でも簡単にできてしまうことです。青色申告特別控除65万円を認めてもらうには、複式簿記で記帳することが必須なんです。ところがこの複式簿記というのが、少々厄介なわけです。

 

クラウド会計ソフトで複式簿記を簡単にする方法

 

クラウド会計ソフトで複式簿記を簡単にする方法

 

ラウド会計ソフトを使って複式簿記を簡単にする方法とは?青色申告特別控除65万円を受けるには、複式簿記で記帳することが一番のポイントといっても過言ではありません。でも、複式簿記というのは、素人には難しすぎるんです。

 

 

 

複式簿記というのは、簿記の資格でもなきゃ手書きなんかでこなせるものではありません。ましてやあなたが会計の素人なのであれば、ほぼ無理なことです。ところが、最近ではクラウド会計ソフトという便利なものが出回っているのです。このクラウド会計ソフトというのが、複式簿記においてもe-taxで確定申告するにしても、メチャクチャ便利なんです!

 

 

 

クラウド会計ソフトは複式簿記をとても簡単にフォローしてくれます。複式簿記は手書きじゃ、と~っても難しいんです。ところが、パソコンを使ってクラウド会計ソフトを利用してしまうと、アラ不思議!あなたでも簡単に複式簿記で青色申告が出来てしまうのです。

 

 

 

クラウド会計ソフトを使えば貸借対照表まで自動で作成できてしまうぐらい、便利な世の中になっておりマス。どうせ青色申告にするなら10万円控除より、65万円控除のほうがよいに決まっています。ですが、これまで複式簿記は税理士などの専門家にお願いしなきゃならなかったわけです。

 

税理士

 

税理士などの専門家に複式簿記をやってもらい、青色申告特別控除65万円を受けることができたとしても、個人事業主やフリーランスのあなたにとっては費用対効果としてどうなの!?っていう感じなんです。税理士などの専門家に複式簿記をお願いするには、個人事業主やフリーランスのあなたにとっては費用がかかりすぎます。

 

 

 

税理士などの専門家への費用をあなたが負担して、青色申告特別控除65万円を受けても、あまり恩恵を受けることができないわけです。税理などの専門家へ依頼するにしても、あなたが記帳作業だけはすませておいて、内容だけチェックしてもらうだけとか、領収書だけ送付して入力だけやってもらうようにするだけでも費用はかなり抑えられます。

 

 

 

複式簿記で青色申告特別控除65万円を費用をかけずに行うには、もはやクラウド会計ソフトが必須といっても過言ではないぐらいなんです。さらにe-taxに連動しているクラウド会計ソフトもあるんです。

 

e-taxとも連動しているクラウド会計ソフト

 

e-taxとも連動しているクラウド会計ソフト

 

e-taxとも連動しているクラウド会計ソフトであれば、複式簿記で作成した確定申告書データをインターネットを使ってデータ送信できちゃうのです!e-taxで確定申告がメチャクチャ簡単にできてしまいます。

 

 

 

クラウド会計ソフトで作成した確定申告データをそのままe-taxに送信できてしまうわけです。これは便利!わざわざ確定申告書作成コーナーで手入力する必要がまったくないわけです。ただし注意点があります。

 

 

 

クラウド会計ソフトでe-taxに対応している帳票というのがあります。それが確定申告書の第一表と第二表です。逆にそれ以外は、まだ対応できていないわけです。クラウド会計ソフトは頻繁に自動バージョンアップをしてくれるので、いずれ対応してくると思われますが、確定申告書の第一表と第二表以外は手入力で対応することになります。

 

クラウド会計ソフトでe-taxに対応できていない帳票(2017年3月時点)

クラウド会計ソフトがe-taxに対応できていない帳票

  • 確定申告書第三表
  • 確定申告書第四表
  • 農業所得の決算書
  • 住宅借入金等特別控除の申請書
  • 医療費控除の申請書
  • 更正の請求、修正申告などの書類

 

クラウド型会計ソフトを無料で試せる!

クラウド型会計ソフトを今すぐ無料で試せます。
確定申告・経費精算・給与計算も自動化の時代!今一番人気のある【クラウド型会計ソフト】

e-tax,確定申告,インターネット,複式簿記,青色申告,特別控除初心者でもかんたん操作!ラクすぎるクラウド型会計ソフト
トップへ戻る