損益計算書と貸借対照表の書き方と読み方

クラウド型会計ソフトを無料で試せる!

クラウド型会計ソフトを今すぐ無料で試せます。
確定申告・経費精算・給与計算も自動化の時代!今一番人気のある【クラウド型会計ソフト】

損益計算書,貸借対照表,書き方,読み方,経費,確定申告,青色申告,白色申告初心者でもかんたん操作!ラクすぎるクラウド型会計ソフト
【※このサイトは2018年12月06日に更新されました】

損益計算書とは?図解でわかる損益計算書と貸借対照表の書き方と読み方

損益計算書とは?図解でわかる損益計算書と貸借対照表の書き方と読み方

 

損益計算書とは?青色申告特別控除や家族の給料を必要経費にしたい個人事業主やフリーランスであれば、損益計算書と賃借対照表の記入は必須!でも記入どころか読み方、見方さえさっぱりわからん!というあなたに青色申告のための損益計算書と賃借対照表の書き方と読み方を伝授します!

 

 

 

青色申告での損益計算書と賃借対照表の記入は、確定申告のゴールみたいなものです。この損益計算書と賃借対照表を記入するために、記帳業務を行い、せっせか1年間帳簿を作ってきたわけです。帳簿をつけていれば損益計算書だろうが賃借対照表だろうがオチャノコサイサイです♪

 

 

 

損益計算書に記入するには、売上と売上原価と必要経費を集計します。これも帳簿から見ていけば楽勝です!最近はクラウド型の会計ソフトや確定申告ソフトなんかが、全部自動で損益計算書やら青色申告の提出書類やらを作ってくれるので、こういう作業もかなり楽になりましたね。手書きしなくてもいいのは本当に楽チンです。

 

 

確定申告で提出する書類は【青色申告決算書】と【確定申告書B】の2種類です。【青色申告決算書】は合計4枚あるのですが、そのうち3枚が損益計算書です。あと1枚が賃借対照表ですね。

 

 

 

損益計算書のポイントは
売上ー(売上原価+必要経費)=利益です。
損益計算書は上記の式に数字をあてはめたものを記入するだけのことなんです。

 

 

 

ただこれだけでは大ざっぱすぎるので、勘定科目やらの経費関係など、ある程度細かく内訳をみることができる書式になっているだけなのです。これで利益がわかるようになっているので、その利益から控除額を差し引いたりすることによって税金の額が決まっていくのです。これで確定申告へサクッと行けちゃうわけです。

 

損益計算書の書き方と読み方

 

損益計算書の書き方と読み方

 

損益計算書ではあなたの事業で利益を出すのに経費などがどれぐらい必要だったかを知ることができます。損益計算書は合計3枚あります。1枚目がメインの損益計算書になります。あとの2枚は1枚目の補足内容的なものですので、損益計算書の作成は3枚ですが、実質1枚半ぐらいの作業量で、あなたが思っているほど難しくないんですよ!

 

損益計算書の書き方と読み方 1枚目

 

損益計算書とは?図解でわかる損益計算書と貸借対照表の書き方と読み方

 

損益計算書の1枚目は45項目あります。4つのパートに分けて考えればわかりやすいですよ。あとは項目通りに記入していくだけです。

 

①売上ー売上原価(項目1~7)

あなたの事業の売上を①の項目に記入して、売上原価②~⑥の項目も記入します。⑦の項目に記入するのが粗利です。あなたが焼き鳥屋さんなら、焼き鳥の材料費を差し引いた金額が粗利です。売上は雑収入ですので利息なども含みます。

 

雑収入とは、あなたの事業活動外で発生した収入のうち、比較的少額、かつ重要性の低い収入を仕訳けるための勘定科目です。主にキャンセル料や保管料・還付金(返戻金)・ご祝儀(お祝い金)・為替収益・保険金などがあります。

 

売上(雑収入を含む)ー売上原価(期首棚卸高+仕入高−期末棚卸高)=粗利

 

②経費(項目8~33)

パート①の粗利から必要経費を引いた分が事業利益を算出する部分です。上記のパート①はあなたの商品に対しての材料費ですが、ここでは事業にかかる経費の記入です。消耗品や税金のようなどこの会社でもあるような経費から、あなたの事業によってはまったく関係ない科目もあります。

 

③各種引当金・準備金(項目34~42)

上記パート①②以外の費用です。個人事業主やフリーランスであれば、記入する額がないことのほうが多いです。このパートの中の「貸倒引当金」という科目は、債権不能リスクに備える科目です。取引先が倒産などしてしまったときなどに備えて、回収不能になりそうな売掛金や受取手形などを見積もっておき、準備しておくものです。

 

④青色申告特別控除額と所得金額(項目43~45)

上記のパート①~③までを記入していくと純利益がわかります。純利益から青色申告特別控除を差し引けば項目45の所得金額が算出できます。

 

損益計算書の書き方と読み方 2枚目

 

損益計算書の書き方と読み方2枚目

 

損益計算書の2枚目は1枚目の損益計算書に記入した金額のさらなる内訳を記入します。

 

①月別売上(収入)と仕入れ額
②給料賃金の内訳
③専従者給与の内訳
④貸倒引当金繰入額

債権の合計額と、倒繰り入れ分限度額も記入します。

⑤青色申告特別控除

青色申告特別控除額は65万円です。しかし所得が65万円以下の場合、損益計算書1枚目の項目43の所得金額を記入します。

 

損益計算書の書き方と読み方 3枚目

 

損益計算書の書き方と読み方3枚目

 

損益計算書の3枚目は1枚目の損益計算書に記入した金額の補足的な記入です。減価償却費の詳細や地代家賃の内訳を記入します。事務所と自宅が同じ場合は、面積に応じて家賃を記入します。

 

損益計算書の書き方ポイント

 

損益計算書は項目がたくさんあるため、パっと見は難しそうな感じがして面倒くさい印象ですよね。最初は「項目多すぎ!こんなんできるわきゃないやろ・・・(汗)」とあきらめる人も多いようですが、日ごろから記帳業務を怠っていなければ、特に難しいものではありません。

 

 

 

また、すべての項目を埋めなきゃと思いがちです。しかし、記入しなくてよいものは空欄にしておけばいいだけなので、あまり難しく考えずにひとつひとつ丁寧に見ていけば問題なく記入できます。

 

損益計算書の書き方ポイント

 

「どうしても手書きで入力するのが手間で面倒くさい」「やっぱりさっぱりわからん」というあなたは、クラウド型の会計ソフトや確定申告ソフトを利用してみるのもアリです。仕訳を入力するだけで損益計算書や確定申告に必要な書類を自動で作成してくれるので、エクセルなんかよりも使いやすくて早く終わりますよ!

 

 

貸借対照表を作る

 

貸借対照表を作る

 

貸借対照表とはあなたの事業の財務状態がわかる表です。事業の資産(プラスの財産)ー負債(マイナスの財産)であなたの事業における金銭面の体力がわかるようになっています。

 

 

 

貸借対照表は主に【資産】【負債】【純資産】の3つで構成されています。必ず【資産】=【負債】+【純資産】となるよう左右に振り分けられているため、バランスシートとも呼ばれています。

 

損益計算書とは?図解でわかる損益計算書と貸借対照表の書き方と読み方

 

貸借対照表は資産・負債・純資産を一覧にしている表なので、あなたの事業の財産の中身が明らかになります。たとえばあなたの資産が10億円あったとしても、負債が9億円であれば実際には1億円の財産しかないことになります。

 

貸借対照表の書き方

 

貸借対照表の書き方

 

貸借対照表の書き方は左側に【資産】右側に【負債】【純資産】を左右2つに仕切って記入します。左側のことを【借方】、右側ののことを【貸方】と呼びます。右側の【貸方】は負債から記入していき、その次に純資産という順番で記入していきます。

 

貸借対照表のポイント

 

貸借対照表は左右の合計金額が同じになります。左右の合計金額が不一致になる場合は、貸借対照表と損益計算書も一致しないので、もう一度確認する必要があります。計算ミスや記入漏れや二重転記などないか再確認しましょう。

 

 

 

貸借対照表からでは仕訳そのもののミスは発見できないので、日々の記帳業務には十分注意しておきましょう。また、事業用のお金と生活費とごちゃ混ぜにならないように、事業用の通帳を作っておきましょう。

 

損益計算書とは?図解でわかる損益計算書と貸借対照表の書き方と読み方

 

税務調査では最初に現金を確認し、次に通帳を確認します。この現金と通帳が連動していることが必須になります。手書きやエクセルなどでは手間と時間がかかり、ミスも多くなるのでクラウド型の会計ソフトや確定申告ソフトを使うと時間もかからず、日々の記帳業務だけで貸借対照表も自動で作成してくれますよ。

 

クラウド型会計ソフトを無料で試せる!

クラウド型会計ソフトを今すぐ無料で試せます。
確定申告・経費精算・給与計算も自動化の時代!今一番人気のある【クラウド型会計ソフト】

損益計算書,貸借対照表,書き方,読み方,経費,確定申告,青色申告,白色申告初心者でもかんたん操作!ラクすぎるクラウド型会計ソフト
トップへ戻る